日本全国の弁護士・法律事務所検索サイト

労働審判の法律相談Q&A一覧

労働審判に関する法律相談の一覧です。
弁護士に質問をしたい方はコチラ
【無料】質問を投稿する

フリーワードで探す

労働審判の法律相談一覧

不当だと思える減給や降格処分について

自主退職を促すための不当だと思える対応を受けています 10年勤続し会社の為に自己犠牲を払ってきましたが トップ、NO2の責任転嫁に苦しんでおり、睡眠も出来ず 今後の生活の事も考えると心身ともに衰弱しきっております。 以下、直近の時系列のなります。 アドバイスを宜しくお願い致します。 減給 部の数字が上がらないという理由で 降格なしの3ヵ月間、月10万円の減俸(7月~9月)60万から50万へ 業界全体、自社の他部署においても同様に落ちているが 減俸されたものはいない。 外的要因やコロナの影響などで集客が弱くなっており、現場の苦労を知る私が 部下への強要は出来ない為、この処分を黙って受け入れる 書面等での通知などは一切ありません 盆明け 他県の店の店長が退職した為8月16日に店を年内に数字を上げて来いと言われ    18日より出向、人手も足らず、役職業務・店長業務・部長業務をこなす中 数字に追われ、長年離れた不慣れな現場業務もこなさなければならない状況 休日なしの長時間労働を余儀なくされ、精神的にも苦痛を味わう 営業計画 9月初旬、リモート会議にて短期で上げる為の計画を打ち出したが トップダウンで費用対効果の薄い内容に計画変更 反対意見を言える環境ではない為、致し方なくトップの言う内容に変更し 急ピッチで販促物やその他準備を行う 更に多忙になり休日も返上の長時間労働で肉体的にも限界に近づく オープン日   9月29日~    オープン日は予測通りトップの思い通りの集客はできない結果 ですが高レートや販促の強化にて日を追うごとに徐々に集客は上がってきていた状況 10月5日 常務が店に来て、結果を出せなかった為部長から店長へ降格と告げられる  現在同県に居る統括マネージャーと引継ぎをし、本社所在地に戻るよう言われる。  年内と言われていたのにオープンの29日から1週間で降格処分 10月5日 統括マネージャーと打ち合わせをし、7日・8日で引継ぎ   9日土曜日に本社所在地へ戻るスケジュールを伺う 10月6日 9日に戻ることを了承される、  常務から配属先は9日までに決めるとだけラインが入る  肉体的にも精神的にも限界を超えており心身ともに疲弊  経済的な問題ものしかかり更に不安に陥り眠れなくなる状況 以上となります。
1ページ目
(1ページ中)