日本全国の弁護士・法律事務所検索サイト

無料会員登録

退職代行の法律相談Q&A一覧

退職代行に関する法律相談の一覧です。
弁護士に質問をしたい方はコチラ
【無料】質問を投稿する

フリーワードで探す

退職代行の法律相談一覧

退職勧奨?会社都合で退職したい。

パートで勤務しています。仕事でミスをしてしまい、それを理由に業務の配置転換及び減給を言い渡されました。また、退職するのであれば止めないと言われました。 これは退職勧奨と判断して良いのでしょうか。 小さな会社で、配置転換を受けて続けるにも居づらいので、退職しようと思います。 退職勧奨であれば、会社都合の退職になるようですが、退職代行を依頼した方が確実だと聞きました。どうすれば良いのか悩んでいます。

雇われ社長を辞任したい

100%出資してもらって、アパレル会社をしています。出資者は別の会社をしていますが、自分と同じ代表取締役になっています。実働は自分1人ですが辞任したいと考えています。しかし自分が辞めてしまえば運営することは出来ません。その場合辞任することは可能ですか?服の在庫なども余っています。お金を返済するなどの契約書は交わしていませんが、返していきたいと口では話していました。 円満に辞任することは可能でしょうか?

会社の過失責任に伴う個人負担の返金について

長年会社の指示で海外駐在しておりました。 会社の規程には駐在中の全ての公租公課は会社負担でしたが、海外で退職するにあたり、海外で発生する退職金の所得税は個人負担と言われたが、税率の案内は無し。 退職後に会社から「立て替えたので返金しろ」と言われました その後所得税が約半分の高額だったので会社に聞いたら「自分たちも知らなかった」以外の説明なし。日本で退職していたら無税と後付けで言われました。会社も所得税が約半分になると把握してなかったようですので配慮不足は認めてますが、全額返金請求を求めてきてます。 規程には退職金の税扱いについて記載がないので誰が負担するのかは雇用主との話合いと理解。 ただ税金が半分掛かると事前案内があれば、帰国して無税で受け取っていたと思います。会社の調査不足でミスリードされたので高額な税金返金を求められておりますが、返金義務はないと思ってます。 整理すると、雇用契約の中に駐在を命じる権利を有する代わりに会社が国際課税に関し一定の税務アドバイスをすることも含まれると思慮。 国際課税に個人で対応するのは無理、無論専門家を個人で雇うなら可能だが、会社が駐在させているのだから普通会社に任せてアドバイスに従う。 例えば、ITシステムや社用車と同じようなもの。ITに関して会社から支援がなければ働けない。 いわば、駐在員に対する安全配慮義務のようなものでこれを怠ったのは会社ですので会社に道義的かつ過失責任があるように思えますので支払いは拒否する予定ですが如何でしょうか

鬱病を理由とした退職

退職を考えているのですが、鬱病を理由として会社都合退職とできるかどうかご相談したいです。 鬱病は社内の人間関係の悪化によるものなのですが、発症したと考えられる人間関係の悪化した時期から診断時期が離れており、業務内でのことに含めることかできるのかどうかが不安です。 なお、現在も通院は続けている状況です。 このような場合も、退職代行の際にご相談すれば対応していただけるものなのでしょうか?

雇用契約書の効力について

雇用契約書にサインしてない状態で退職希望日の1ヶ月前に退職願を提出したが、雇用契約書には3ヶ月前に申し出ると書いてある。サインはしていないが、周知していると言う理由、給料が発生した時点で雇用契約が結ばれていると言う理由で1ヶ月後に辞めるのは雇用契約違反だと言われ、それであれば仕事中に私が汚してしまった床の損害賠償を請求すると言われた。これは辞めたら訴えますよ?という脅迫に当たりますか? ちなみに1回目の給料をもらった時点では雇用契約書の内容は全く知らない状況です。
1ページ目
(1ページ中)
地域から弁護士を探す
法律相談を投稿する
離婚・不倫問題 交通事故 相続・遺産トラブル 労働問題 刑事事件 債権回収 借金減額・債務整理 ネット誹謗中傷 企業法務