日本全国の弁護士・法律事務所検索サイト

無料会員登録

過失割合の法律相談Q&A一覧

過失割合に関する法律相談の一覧です。
弁護士に質問をしたい方はコチラ
【無料】質問を投稿する

フリーワードで探す

過失割合の法律相談一覧

自転車による横断歩道上での当たり屋に相当する当方への被害

○過失責任を問う 当方の車両が上り一方通行に入る前に一時停止の標識に従い一旦停止後、2車線幅のその道路を横切って横断し、一方通行 に沿った歩行者通路の延長線上の横断歩道を通過しようとしました。当車は右横から猛スピードで走行してきた自転車に ナンバープレート部分に衝突させられました。右横の運転者の視野の範囲外から当てられたと認識しています。当車は一方 通行の車両の通過がないことを確認しスロースピードで横断歩道に到達しています。相手は横断歩道上で左半身の打撲で 骨折や流血はありません。当車の被害は、自転車からのナンバープレートの損傷のみで人身の接触被害はありません。当初 警察は物件事故といっていましたが保険会社の交渉失敗で診断書を出され、相手方から人身事故扱いに変えられました。 被害者なのに加害者扱いされています。相手の自転車の法令違反や罰則はありますか。一時停止義務違反等とか?過失責任 は? ○物損の損害賠償 自転車の相手方は個人賠償保険に入っているということですが、当方の車両の物損(ナンバープレート)の補償は相手方 の負担を気遣ってしていませんが相手方が強硬に出てきたので思案中です。当方は走行に支障のない程度に応急処置しま した。ナンバープレート左のボルト固定分は損傷して浮いた状態でした。右ボルトの固定部分は損傷はなく付いていま した。先週に販売店で修復の見積書を作成してもらいました。フロントグリル付近の交換とナンバープレートの再発行で 約4万円強でした。相手方がすでに警察に提出済の診断書の提出を却下してくれれば、民事で治まると聞いています。民事 になれば、当方も譲って相手方への当方の物損の補償請求はしない予定です。当方の保険による相手方への支払いは保険 会社から支払い済。相手方の物損の支払いは当方担当の保険会社会社にて精査中(自転車物損写真添付なし)。 ○相手方ではなく当方こそが被害者と主張 目撃者はいたか?最初の立合いの警察官から「自転車の後から見ていた人が一人いる」と聞けた。 本日Webから知り得た地元検察庁の被害者ホットラインで無料相談を受けた。当方が加害者扱いされて不当だと主張して 経緯を説明。相手方が加害者で当方は被害者と立場の入替えを主張した。すると担当者から当方の事件直接担当の方に 会わせて下さったので、同じ主張を繰返した。調査中で内容は言えないとのことであった。意外な展開でした。 ○当方の不満事項 以下、当方の不満と考える事項を上げます。 1.事故当日の警察官2名の立ち合いで物件事故と判定されたにも拘わらず、当方がその事実の確認を相手方に実施したか と当方の保険会社に何度もメッセージ・ボードで伝えたが確認のメッセージが見当たらない。その後、妻の加害者意識に 洗脳されPTSDに相応する状況を回避させるため示談から当方の保険適用を変更すると伝えたこれで万事解決と思っていた。 しかし、相手方は弁護士窓口への変更し診断書の提出までしてきた。急に警察の2回目立ち合いや弁護士介入の手紙を受け 取った。ここの経過事実は当方保険会社に何度も状況確認を問い合わせているが全く当方に伝わっていない。 2.怪我(打撲のみ)診断書のみで加害者の判定に適合させること及び起訴の可能性とそれに伴う交通違反の加点及び免許 停止の可能性。 3.被害者なのに当方保険の等級の3段階ダウン。3年で67100円の出費増(1年毎の保険の継続更改が10月15日と 事故発生日9月11日から迫っていたが保険会社の当方の言い分に対する対応が10月1日から10月26日まで無回答 状態だった) 4.保険会社側で設定した過失割合が被害者対加害者が9対1と通知されたこと。(当方は逆に1対9と主張中で検察庁へ 相談した) 5.事故が未解決なのに相手方に治療費を満額?払っていること。相手方の物損補償も請求があり、精査中とのこと。 6.当方の物損(ナンバープレート損傷40177円)を当方保険会社を通じて相手方弁護士に賠償請求中だがまだ回答が なく、安全運転上支障があるのに修理が遅れそう。 ○保険会社の保険更改時の増額料金取消しの要求 当方の保険についての3等級ダウンについても下記の記述に当てはまらないと思うので取り消しを当方保険担当者に願い出た。 3等級ダウン事故とは(保険会社のWebページより) 他人を死傷させた 他人のものを壊した 自分の車を壊した いずれも当方の過失でなく、相手方の一方的な怪我や損傷にとどまっています。 当方の自責過失ではなく、相手方の自責過失、すなわち他責です。 まだ相手方との示談が成立していないのに、かつ過失責任割合の通知もないのに相手方に自己過失の怪我に対して治療費の 支払いを10月中旬に保険会社から退陣賠償保険金6万円弱を支払ったのはおかしい。会話のなかったほぼ10月一杯の間 にこの辺の会話が欲しかった。10月下旬にやっと過失責任は当方90で相手10と言ってきた。冗談でないもらい事故 なのに10対90だと反論した。保険会社の認識が当方とずれがあると感じたのはこの日で「過失責任の割合に関する弊社 の見解としては、当方側に一時停止の規制がある十字路交差点であることをふまえると、当方:相手方=90:10程度と考え られます。」の一文です。当方の事故の内容記述では「横断歩道上で右側から走行してきた自転車と衝突した。」と書 いた。 当方の保険会社担当者と当方の間にかなりの認識の違いが推定され、事故現場の横断歩道写真とナンバープレートの破損 状況写真や事故発生までに通った当方車両の走行した道路周辺写真および運転席から2度目の一時停止した場所での横断 歩道とそれに沿った自転車の走行路(歩道)の右側の視野範囲の検証写真や自転車の走行スピードを推測するために横断 歩道から5m、10m、15m距離を置いた写真を付けた。ナンバープレートの破損状況写真でスピードの鑑定がある程度 可能と思う。当方のナンバープレートの破損状況はプレートが縦に90度折れ曲がってプレートを支えている2本のボルト のうち右側から当てられたボルトは固定部分完全破損で浮いた状態、左側のボルトはかろうじて固定されているが固定部分 の割れは推測される。応急処置して外見上は修復したように取り繕った。 当方保険担当者からは10月下旬に「現場写真の送付有難うございます。状況をより鮮明に認識することができました。」 とのことだが当方の主張がどの程度充足されるかわからない。 ○参考にした自転車関連の過失割合 事故による保険会社による当方への主に過失責任に対しての負担増等に関しては一般的に 他人を死傷させた 他人のものを壊した 自分の車を壊した の3点が列挙されていますが相手方様の過失および信号機のない横断歩道手前の一時停止注意義務違反の自責事故でいずれ も該当しないと主張しています。 当方の車両には相手方の人身による破損は一切ありません(当車両の積極的な前進による人的損傷は見当たりません)。 むしろ、急ブレーキによって衝突時の車両スピードはほぼ0kmに等しく右方向から前に立ち憚った自転車上の相手方様の 人身による直接衝突した形跡は残っていません。相手方様は自責で横断歩道上に左半身を叩きつけられたはずです。当方の 車両の損傷は自転車のみの衝突による破損です(右横から突進してきた相手方様の自転車による受動的なナンバープレート への損傷のみでかつ衝突時は瞬間的にブレーキが効いて相手方様を死傷させる事実はありません)。相手方様の自己責任に よる衝突回避が失敗しただけです。相手方様の自転車の損傷はこの結果によるものです。当方が物損の責任を負う責務は ありません。相手方の怪我も自己責任の範囲で当方の車両によるものではありません(自身の責任で横断歩道上にぶつ かって下手な怪我を負ってしまったのみです)。当方の車の運転の回避で相手方様の人身の死傷まで防ぎました。 以下は当方が調べた類似事故の参考過失割合で歩行者を自動車に置き換えてみた場合です。 自転車は横断歩道の手前で一時停止あるいは徐行の義務があるはずです。 信号機のない横断歩道 横断歩道内で自転車と歩行者が接触 過失割合 自転車100歩行者0 出典:自転車事故の過失割合|過失割合の算出方法と損害賠償の手順https://jico-pro.com/columns/123/#toc_anchor-1-1-1 是非、相手方自転車が加害者で当方車両が被害者である旨理解していただきたい。

自転車の一時停止せず車と衝突したら?

出会いがしらの交差点で車と、衝突事故してしまい、娘を乗せて自転車に乗っていた私と、娘は幸い打撲ですみました。タイヤ同士が巻き込まれ自転車の私達が倒れた感じで。救急車で病院に行き病院帰り事故現場へ。警察に一時停止したかを聞かれちゃんとは停止してないと認めた私。人身事故にするか分散事故にするかの返答を数日後連絡くれとの事で…。ケガも軽いので警察に分散事故の方を勧められて。人身事故にすると自転車の法律も、変わったので私も処罰しなきゃならないと言われました。私は加害者になるんでしょうか?主人に私に刑罰?つくように言われたからケガも軽いし自転車も、かごとか前輪の方が曲がったくらいだから人身事故にしない方がいいのかなと相談すると、車の方が悪いんだし相手の謝罪もないなんて人身事故にするときかないです…。どうしたらいいでしょう? 私も、罰金等払うのでしょうか?自転車修理代や、治療費等は貰えないのですか?

横断歩道手前一時停止交通違反

前方に信号機あり。停止線の後ろに3台停車スペースあり。その後ろに横断歩道あり。片側二車線。片側に信号待ちの車が横断歩道の手前まで計5台停車中。もう片側は無台。そこに侵入したところ、一時停止違反との罰則を受けました。道路交通法38条2項違反とのことです。今までそういう取り締まりはなく、ほとんどの人が捕まっています。そういう道路交通法があることも知りませんでした。知らないのが悪いといえばその通りですが、いきなりその法律を適用して取り締まっているように感じてしまいます。何か周知期間というものがないのでしょうか。
1ページ目
(1ページ中)
地域から弁護士を探す
法律相談を投稿する
離婚・不倫問題 交通事故 相続・遺産トラブル 労働問題 刑事事件 債権回収 借金減額・債務整理 インターネット問題 企業法務