日本全国の弁護士・法律事務所検索サイト

無料会員登録

自転車による横断歩道上での当たり屋に相当する当方への被害

○過失責任を問う
当方の車両が上り一方通行に入る前に一時停止の標識に従い一旦停止後、2車線幅のその道路を横切って横断し、一方通行
に沿った歩行者通路の延長線上の横断歩道を通過しようとしました。当車は右横から猛スピードで走行してきた自転車に
ナンバープレート部分に衝突させられました。右横の運転者の視野の範囲外から当てられたと認識しています。当車は一方
通行の車両の通過がないことを確認しスロースピードで横断歩道に到達しています。相手は横断歩道上で左半身の打撲で
骨折や流血はありません。当車の被害は、自転車からのナンバープレートの損傷のみで人身の接触被害はありません。当初
警察は物件事故といっていましたが保険会社の交渉失敗で診断書を出され、相手方から人身事故扱いに変えられました。
被害者なのに加害者扱いされています。相手の自転車の法令違反や罰則はありますか。一時停止義務違反等とか?過失責任
は?


○物損の損害賠償
自転車の相手方は個人賠償保険に入っているということですが、当方の車両の物損(ナンバープレート)の補償は相手方
の負担を気遣ってしていませんが相手方が強硬に出てきたので思案中です。当方は走行に支障のない程度に応急処置しま
した。ナンバープレート左のボルト固定分は損傷して浮いた状態でした。右ボルトの固定部分は損傷はなく付いていま
した。先週に販売店で修復の見積書を作成してもらいました。フロントグリル付近の交換とナンバープレートの再発行で
約4万円強でした。相手方がすでに警察に提出済の診断書の提出を却下してくれれば、民事で治まると聞いています。民事
になれば、当方も譲って相手方への当方の物損の補償請求はしない予定です。当方の保険による相手方への支払いは保険
会社から支払い済。相手方の物損の支払いは当方担当の保険会社会社にて精査中(自転車物損写真添付なし)。


○相手方ではなく当方こそが被害者と主張
目撃者はいたか?最初の立合いの警察官から「自転車の後から見ていた人が一人いる」と聞けた。
本日Webから知り得た地元検察庁の被害者ホットラインで無料相談を受けた。当方が加害者扱いされて不当だと主張して
経緯を説明。相手方が加害者で当方は被害者と立場の入替えを主張した。すると担当者から当方の事件直接担当の方に
会わせて下さったので、同じ主張を繰返した。調査中で内容は言えないとのことであった。意外な展開でした。


○当方の不満事項

以下、当方の不満と考える事項を上げます。
1.事故当日の警察官2名の立ち合いで物件事故と判定されたにも拘わらず、当方がその事実の確認を相手方に実施したか
と当方の保険会社に何度もメッセージ・ボードで伝えたが確認のメッセージが見当たらない。その後、妻の加害者意識に
洗脳されPTSDに相応する状況を回避させるため示談から当方の保険適用を変更すると伝えたこれで万事解決と思っていた。
しかし、相手方は弁護士窓口への変更し診断書の提出までしてきた。急に警察の2回目立ち合いや弁護士介入の手紙を受け
取った。ここの経過事実は当方保険会社に何度も状況確認を問い合わせているが全く当方に伝わっていない。
2.怪我(打撲のみ)診断書のみで加害者の判定に適合させること及び起訴の可能性とそれに伴う交通違反の加点及び免許
停止の可能性。
3.被害者なのに当方保険の等級の3段階ダウン。3年で67100円の出費増(1年毎の保険の継続更改が10月15日と
事故発生日9月11日から迫っていたが保険会社の当方の言い分に対する対応が10月1日から10月26日まで無回答
状態だった)
4.保険会社側で設定した過失割合が被害者対加害者が9対1と通知されたこと。(当方は逆に1対9と主張中で検察庁へ
相談した)
5.事故が未解決なのに相手方に治療費を満額?払っていること。相手方の物損補償も請求があり、精査中とのこと。
6.当方の物損(ナンバープレート損傷40177円)を当方保険会社を通じて相手方弁護士に賠償請求中だがまだ回答が
なく、安全運転上支障があるのに修理が遅れそう。


○保険会社の保険更改時の増額料金取消しの要求
当方の保険についての3等級ダウンについても下記の記述に当てはまらないと思うので取り消しを当方保険担当者に願い出た。

3等級ダウン事故とは(保険会社のWebページより)
他人を死傷させた
他人のものを壊した
自分の車を壊した

いずれも当方の過失でなく、相手方の一方的な怪我や損傷にとどまっています。
当方の自責過失ではなく、相手方の自責過失、すなわち他責です。

まだ相手方との示談が成立していないのに、かつ過失責任割合の通知もないのに相手方に自己過失の怪我に対して治療費の
支払いを10月中旬に保険会社から退陣賠償保険金6万円弱を支払ったのはおかしい。会話のなかったほぼ10月一杯の間
にこの辺の会話が欲しかった。10月下旬にやっと過失責任は当方90で相手10と言ってきた。冗談でないもらい事故
なのに10対90だと反論した。保険会社の認識が当方とずれがあると感じたのはこの日で「過失責任の割合に関する弊社
の見解としては、当方側に一時停止の規制がある十字路交差点であることをふまえると、当方:相手方=90:10程度と考え
られます。」の一文です。当方の事故の内容記述では「横断歩道上で右側から走行してきた自転車と衝突した。」と書
いた。

当方の保険会社担当者と当方の間にかなりの認識の違いが推定され、事故現場の横断歩道写真とナンバープレートの破損
状況写真や事故発生までに通った当方車両の走行した道路周辺写真および運転席から2度目の一時停止した場所での横断
歩道とそれに沿った自転車の走行路(歩道)の右側の視野範囲の検証写真や自転車の走行スピードを推測するために横断
歩道から5m、10m、15m距離を置いた写真を付けた。ナンバープレートの破損状況写真でスピードの鑑定がある程度
可能と思う。当方のナンバープレートの破損状況はプレートが縦に90度折れ曲がってプレートを支えている2本のボルト
のうち右側から当てられたボルトは固定部分完全破損で浮いた状態、左側のボルトはかろうじて固定されているが固定部分
の割れは推測される。応急処置して外見上は修復したように取り繕った。
当方保険担当者からは10月下旬に「現場写真の送付有難うございます。状況をより鮮明に認識することができました。」
とのことだが当方の主張がどの程度充足されるかわからない。


○参考にした自転車関連の過失割合
事故による保険会社による当方への主に過失責任に対しての負担増等に関しては一般的に
他人を死傷させた
他人のものを壊した
自分の車を壊した
の3点が列挙されていますが相手方様の過失および信号機のない横断歩道手前の一時停止注意義務違反の自責事故でいずれ
も該当しないと主張しています。
当方の車両には相手方の人身による破損は一切ありません(当車両の積極的な前進による人的損傷は見当たりません)。
むしろ、急ブレーキによって衝突時の車両スピードはほぼ0kmに等しく右方向から前に立ち憚った自転車上の相手方様の
人身による直接衝突した形跡は残っていません。相手方様は自責で横断歩道上に左半身を叩きつけられたはずです。当方の
車両の損傷は自転車のみの衝突による破損です(右横から突進してきた相手方様の自転車による受動的なナンバープレート
への損傷のみでかつ衝突時は瞬間的にブレーキが効いて相手方様を死傷させる事実はありません)。相手方様の自己責任に
よる衝突回避が失敗しただけです。相手方様の自転車の損傷はこの結果によるものです。当方が物損の責任を負う責務は
ありません。相手方の怪我も自己責任の範囲で当方の車両によるものではありません(自身の責任で横断歩道上にぶつ
かって下手な怪我を負ってしまったのみです)。当方の車の運転の回避で相手方様の人身の死傷まで防ぎました。

以下は当方が調べた類似事故の参考過失割合で歩行者を自動車に置き換えてみた場合です。
自転車は横断歩道の手前で一時停止あるいは徐行の義務があるはずです。

信号機のない横断歩道
横断歩道内で自転車と歩行者が接触
過失割合
自転車100歩行者0
出典:自転車事故の過失割合|過失割合の算出方法と損害賠償の手順https://jico-pro.com/columns/123/#toc_anchor-1-1-1

是非、相手方自転車が加害者で当方車両が被害者である旨理解していただきたい。
相談者(ID:00139)さん
弁護士に質問をしたい方はコチラ
【無料】質問を投稿する

交通事故に関するその他の質問を見る

フリーワードで探す

この質問に関連する法律相談

投稿順
回答順
役立った順
関連順

過失割合について納得がいかないので相談したいです

2022年3月17日娘が交通事故にあったと連絡がありました。怪我はなく無事だと本人から報告がありました。 場所は交差点の横断歩道での出来事です。 娘は朝6時30分にコンビニへ向かう為、 信号を誤って赤で渡ってしまい、赤だと気付いた時はちょうど横断歩道の真ん中にいた為、危険を察知して元の場所に引き返した時、直進していた車に接触しそうになったがギリギリかわしました。 ですが車は急ハンドルを切った為、道路沿いの街路樹に激突して街路樹が真っ二つに折れて、さらに勢いが止まらず数十メートル先で一回転して止まりました。(ドライブレコーダー映像を元に) 相手の保険会社からは突然娘さんが飛び出してきてって言われたのですが どう見ても見通しの良い片側2車線の道路で 明らかに数百メートル先に娘が横断歩道の真ん中にいるのに普通に前を見て運転していれば危ないから減速すると思うのに轢きそうになる直前に急ブレーキしています。明らかに居眠りか、よそ見で凄いスピードで走っています。 この場合、娘も悪いですが、相手も法定速度守っていない状況での過失割合はどうなるんでしょうか? 最初の過失割合は7割(娘)3割(相手車)でしたが今現在5:5です。 うまく文章で伝えてるつもりですが どうかご相談を宜しくお願い。

車対車事故の過失割合に納得できない、全損修理の結果に不満なので、相談したいです。

令和4年3月27日に青森市内の交差点でわき道(十字路の左側)からノーストップ、ノーブレーキ、ハイスピードで後部バンパーのあたりに追突されました、自車は左前輪を軸に左回転して、木製の塀を突き破り、中庭で停止しました。当方は、任意保険に入っていません、毎日車で営業してます、自営業です、ので毎日運転は慎重にしてます、・・が今回追突されて、相手の方にも、「私が全部悪い、と認めていただいたので、安心してましたが、相手の保険屋さんが、どうゆう事態でも、車対車の事故は最高で「9対1」ですと言われ、納得しないのでそのままにして、とりあえず、修理は、デイーラーに頼んで、台車を出して頂き、翌日から、「頸椎捻挫」で通院と営業をしましたが、6月になっても、修理が始まらないので、連絡をしたところ、過失割合が決まらないと、着手できないと、言われ、早く自車を直して頂かないと、仕事にならないので、渋々、口頭で交渉して9.5対0.5までにして頂き、その際、自車の修理代に0.5%分の支払う約束と前金を支払い、修理に漕ぎつけました、・・が、自車の修理完了に大きな不満が残りましたが、台車(レンタカー)の返却も迫られ、自車の不満(その際クレームを付けたが話にならず)も沢山ありましたが、自車でなければ、出来ない仕事もあり、乗って帰宅しました。質問1-10対0には絶対にならないのか、質問2、相手の車の修理代と塀の修理代の0.5%約10数万円も支払いをしなければ、ならないのか質問3、頸椎捻挫で首が左右に深く回すと痛みが出るが5か月目に入り、医者から、「現状固定だね、後は保険屋さんと話してください」と言われました。、毎日運転してますが、左右確認の動作をするたびに、痛みが走るのに、通院リハビリしていたら、悪者(保険屋さんの担当者から自賠責の予算が目いっぱいなのでそろそろ示談をと言ってきたので、相手は任意保険枠もあるの)みたいに思われてる雰囲気が嫌ですが、納得できるまで通院してよいものかどうか?質問4、車や通院や支払金等の悩みで、仕事が手につかず、今だ今年は契約が1件も取れてない状況ですが、毎月20万円ぐらいは収入があったのに、今年はまだ収入0円です、兄弟からの借金暮らしで、参ってます。

一時停止したのに一方的に切符きられました。違反金払ってません。相談にのって頂けませんか?宜しくお願いします

7月10日に埼玉県さいたま市西区西大宮駅前の一時停止車線を停止なしで通過したとお巡りさんに切符きられました。一時停止して通過しましたと何度も言いましたがお巡りさんは運転手さんは停まろうとゆっくり運転してましたが、、、。と何度も言いこちらの主張聞いてくれず。違反金は納得してないので払ってません。相談に乗ってくれる人がいなく門をたたきました。次の対応策かわかりません。相談に乗って頂けませんでしょうか。宜しくお願いします。お金かかってでも主張勝ち取りたいです

駐車場内の逆突事故における過失割合に納得が出来ません

先週、市役所の駐車場内で自車は出庫する際に入庫スペースを探し中の相手側の車に逆突され自車にぶつかりました。今回、自車は出庫しようと待機してました所に相手側の車が目の前を進行していきました。自分は、自車の周囲には駐車場スペースがなかったため、相手側の車が通過していったのを確認して、出庫しようと前進した瞬間に相手側の車がハザードも付けずに間髪入れずにバックしてまいりました。危ないのでこちらはクラクションを鳴らしたことで相手側が気が付き停止しましたが、間に合わず軽くぶつかりました。相手側は直ぐに自身が待ち合わせがあり慌てており、後方確認を怠ったと全面過失を認めていらっしゃいます。 そして、警察を呼んで事故処理してもらい、相手側の保険会社から連絡が来ました所、こちら側の過失割合が大きいと言われました。当然、納得が出来ないので自身の保険会社にも連絡しましたが、同様に駐車場内の事故であれば、通路を進行中の自動車が優先であるので、判例上7:3がベースであるとのことです。そこに戦うとして自車の通りを進行して通過済みで後方確認漏れも加わり、-20%の修正を提示し、5:5がMAXであり、-20%の修正はかなり難しいと言ってきました。 当方からは、追加の言い分としては、駐車スペースもないところで通路を通過済みで急バックをすることは通常考えらないこと、直ぐにクラクションを鳴らしたこと、相手側はハザードも点灯していないし、全面的に過失を認めているとの話があるのにも関わらず、過失割合が当方側の方が大きいまたは、頑張っても5:5であることが納得がいきません。 そもそも、前提条件についても納得がいきません。駐車場内の進行中の車と出庫の車が事故を起こした場合、判例上7:3とのことですが、調べたところ駐車場内の逆突事故の過失割合の場合、前提条件8(相手側):2(当方)だとも記載されていることも見たのですが、今回の事案も前提条件が後者ではないかとも思います。 弁護士費用特約を付加しているので、弁護士利用も検討しておりますが、保険会社からうちも弁護士の見解をもとに過失割合を判断しているので同じ結果または、過失割合がさらに悪くなることもあると言われました。そのため、利用するかどうか迷っております。 今回のケースの場合、当方の過失割合が大きいのは何が何でも覆らず、弁護士を利用する価値のない事案なのでしょうか。 なお、現時点ではお互い修理費用をが概算中で修理費用が出てきたら、保険会社同士で最終的に過失割合を決定していく方向だそうです。

雪道での交通事故 過失割合

大雪で車線が交互通行になるほど狭くなった道路での接触事故がありました。 自分が自分が信号右折時、相手は信号待ちの為停車中でした。相手の車の横には軽自動車が路駐しており狭い道路の中央まで塞ぐ形でした。 ギリギリかわせる幅があったので徐行しすれ違おうとしたところ雪で若干坂になっていてブレーキをかけ一時停車したところ横滑りし接触 擦り傷がつくぐらいでした。 相手の保険会社からは10:0と言われています。 自分は無保険です。 過失割合は保険会社の言う通りなんでしょうか?

自転車で飛び出した時、自動車と接触せず、ケガもなく、自動車側が行ってしまった場合は、自転車側は罪になるのですか?

私の不注意なのですが、自転車で飛び出してしまい、相手側の自動車には接触せず、相手側も私もケガはなく、相手側の自動車はそのまま去って行ってしまいました。この場合は罪になるのでしょうか?

自転車で飛び出した時、自動車と接触せず、ケガもなく、自動車側が行ってしまった場合は、自転車側は罪になるのですか?

自分の不注意なのですが、自転車で飛び出してしまい、その際、自動車と接触せず、相手側も私もケガはありませんでした。相手の自動車がそのまま去って行ってしまったのですが、この場合は罪になるのですか?

危険運転致傷の初犯ではない場合の起訴率について

42歳男性、交通事故加害者です。 私がバイクで赤信号無視して歩行者と接触してしまいました。まだ実況見分しかしていませんが、危険運転致傷(赤信号無視が意図的と判断される)と罪名が記載されています。 現場では私は被害者救済、警察、保険会社の連絡、など行ない、被害の方は全治2週間の診断書がでています。逮捕はされておらず、実況見分に協力し、後日供述調書と言う段階です。謝罪の連絡をして、被害者の方もよい方で、大丈夫ですからと言って下さっています。日が経っていないので、まだ示談は成立していませんが、現段階では処罰感情もなさそうです。 危険運転致傷はかなり起訴率が高いとの事。 20年程前に自転車窃盗の微罪と2年前の赤信号無視(補助信号の見落とし)などがあります。 前歴があることで初犯とはならないようですが、 このようなケースの場合、起訴されるケースはかなり高くなるでしょうか。 ご回答の程、よろしくお願い致します。

歩道上で人身事故が発生した場合の過失割合について

早朝からの問い合わせ申し訳ありません。人身事故のことで問い合わせをさせていただきます。 前日2月15日、自転車通行可能歩道上を通行している際、十数メートルも離れた前方のバス停付近で三人のお婆さんが話し込んでいるところを目視しました。 三人は歩道を埋めるように輪になって立ち話をしていました。その中の一人が歩道の道幅方向に左右の腕を拡げて立っていました。歩道の一方片側は車道です。 他のお婆さんたちは当方の自転から十数メートル以上も離れていましたが、当方の自転車に気が付いていたようでした。 『自転車が来るから危ないよ。腕を下ろしな』と腕を拡げているお婆さんに注意をしていました。 かなり大きなで注意をしていたので、お婆さんたちから十メートルほど離れた当方の耳にもはっきりと聞こえました。 しかし、どういうわけか、手を広げたお婆さんはそのまま腕を左右に広げたままでした。当方、前方を確認しこのまま走行しても、お婆さんに触れることなくその脇をすり抜けることが出来ると判断しましたが、念のためお婆さんの手前数メートル前から走行速度をいつでも止まれるような速度に減速しました。そしてその速度を保ちつつお婆さんの脇をすり抜けましたが、その時ハンドルを握る右手の甲、もしくは腕に接触した感触を覚えました。 『あれー』と思い、自転車を止めて後ろを振り返ると手を広げていたお婆さんが腰を下ろすように、ゆっと歩道に座り込む姿が見えました。また「あれー」と思い自転車を直ぐに離れ婆さんの所に近寄るとお婆さんはゆっくりとした動作で体を歩道上に横たえました。 その後、直ぐに仲間のお婆さんたちが横たわったお婆さんを抱えバス停の椅子に座らせました。 その後、数分後に110番をし検分をお願いしました。お婆さんは救急車で病院に搬送されました。お婆さんが搬送された後、検分した警察官に『この場合。自転車の方に100パーセントの過失があるのでしょうか』と尋ねたところ『お婆さんも歩道上で腕を広げていた事実があるので……何とも言えないといっていました。 また痛い思いをしたお婆さんの様態が気になりお宅に電話したところ、大腿部骨接で入院したとのことです。お見舞いに行きたいと思いお宅に電話をしたところ病院名を告げられました、病院に電話をしたところそのような患者さんは搬送されていないとのことでした。再度お宅に連絡するとコロナ関係があるのでもしかしたら別の病院に入院したかもしれないとのことでした。ということで入院先は明日でも調べお見舞いに行きたいと思っています。 上記のような内容の事故ですが、当方つぃて前方で自転車が寄るのを気が付いていたお婆さんのはずなのに、なぜそのまま腕を下ろさなかったのか不思議です。 勝手ないい分とは思いますが、前方を塞ぐという行為は走行妨害とはならないのでしょうか。 申し訳ありませんが今後のどのようにお婆さんと話を進めたらよいのか教えてただけたら幸いです。 出来ましたら円満に解決したいと願っています。 追伸 当方生活保護受給者です。貯えも保険にも加入しておりません。仮に支払いが発生した場合、どのように対処したら良いのか皆目見当がつきません。申し訳ありませんが、助言をお願いいたします。

交通事故後のゴタゴタで困っています

1月5日、駐車場内で擦った程度の事故を、娘が起こしてしまい、五万円あるか?と、聞かれ、持っていなかったため、警察、保険会社に連絡。 相手側に7日に怪我はないか?と尋ねると、怪我は無いとの事。 その後、保険会社としては、3対7で、娘が3だと主張。 相手は、停まっていたから、10対0だと主張。 しかし、保険会社の対応、娘の対応が気に食わないから、人身事故にすると言ってきました。3月2日に警察から出頭するよう言われました。 とても怪我をするような事故だとは思えないし、診断書を書いた医者もどうかしてると思っております。 こんな簡単に事故の扱いを変えられるものなのでしょうか?

過失割合について納得がいかないので相談したいです

2022年3月17日娘が交通事故にあったと連絡がありました。怪我はなく無事だと本人から報告がありました。 場所は交差点の横断歩道での出来事です。 娘は朝6時30分にコンビニへ向かう為、 信号を誤って赤で渡ってしまい、赤だと気付いた時はちょうど横断歩道の真ん中にいた為、危険を察知して元の場所に引き返した時、直進していた車に接触しそうになったがギリギリかわしました。 ですが車は急ハンドルを切った為、道路沿いの街路樹に激突して街路樹が真っ二つに折れて、さらに勢いが止まらず数十メートル先で一回転して止まりました。(ドライブレコーダー映像を元に) 相手の保険会社からは突然娘さんが飛び出してきてって言われたのですが どう見ても見通しの良い片側2車線の道路で 明らかに数百メートル先に娘が横断歩道の真ん中にいるのに普通に前を見て運転していれば危ないから減速すると思うのに轢きそうになる直前に急ブレーキしています。明らかに居眠りか、よそ見で凄いスピードで走っています。 この場合、娘も悪いですが、相手も法定速度守っていない状況での過失割合はどうなるんでしょうか? 最初の過失割合は7割(娘)3割(相手車)でしたが今現在5:5です。 うまく文章で伝えてるつもりですが どうかご相談を宜しくお願い。

駐車場内の逆突事故における過失割合に納得が出来ません

先週、市役所の駐車場内で自車は出庫する際に入庫スペースを探し中の相手側の車に逆突され自車にぶつかりました。今回、自車は出庫しようと待機してました所に相手側の車が目の前を進行していきました。自分は、自車の周囲には駐車場スペースがなかったため、相手側の車が通過していったのを確認して、出庫しようと前進した瞬間に相手側の車がハザードも付けずに間髪入れずにバックしてまいりました。危ないのでこちらはクラクションを鳴らしたことで相手側が気が付き停止しましたが、間に合わず軽くぶつかりました。相手側は直ぐに自身が待ち合わせがあり慌てており、後方確認を怠ったと全面過失を認めていらっしゃいます。 そして、警察を呼んで事故処理してもらい、相手側の保険会社から連絡が来ました所、こちら側の過失割合が大きいと言われました。当然、納得が出来ないので自身の保険会社にも連絡しましたが、同様に駐車場内の事故であれば、通路を進行中の自動車が優先であるので、判例上7:3がベースであるとのことです。そこに戦うとして自車の通りを進行して通過済みで後方確認漏れも加わり、-20%の修正を提示し、5:5がMAXであり、-20%の修正はかなり難しいと言ってきました。 当方からは、追加の言い分としては、駐車スペースもないところで通路を通過済みで急バックをすることは通常考えらないこと、直ぐにクラクションを鳴らしたこと、相手側はハザードも点灯していないし、全面的に過失を認めているとの話があるのにも関わらず、過失割合が当方側の方が大きいまたは、頑張っても5:5であることが納得がいきません。 そもそも、前提条件についても納得がいきません。駐車場内の進行中の車と出庫の車が事故を起こした場合、判例上7:3とのことですが、調べたところ駐車場内の逆突事故の過失割合の場合、前提条件8(相手側):2(当方)だとも記載されていることも見たのですが、今回の事案も前提条件が後者ではないかとも思います。 弁護士費用特約を付加しているので、弁護士利用も検討しておりますが、保険会社からうちも弁護士の見解をもとに過失割合を判断しているので同じ結果または、過失割合がさらに悪くなることもあると言われました。そのため、利用するかどうか迷っております。 今回のケースの場合、当方の過失割合が大きいのは何が何でも覆らず、弁護士を利用する価値のない事案なのでしょうか。 なお、現時点ではお互い修理費用をが概算中で修理費用が出てきたら、保険会社同士で最終的に過失割合を決定していく方向だそうです。

雪道での交通事故 過失割合

大雪で車線が交互通行になるほど狭くなった道路での接触事故がありました。 自分が自分が信号右折時、相手は信号待ちの為停車中でした。相手の車の横には軽自動車が路駐しており狭い道路の中央まで塞ぐ形でした。 ギリギリかわせる幅があったので徐行しすれ違おうとしたところ雪で若干坂になっていてブレーキをかけ一時停車したところ横滑りし接触 擦り傷がつくぐらいでした。 相手の保険会社からは10:0と言われています。 自分は無保険です。 過失割合は保険会社の言う通りなんでしょうか?

交通事故後のゴタゴタで困っています

1月5日、駐車場内で擦った程度の事故を、娘が起こしてしまい、五万円あるか?と、聞かれ、持っていなかったため、警察、保険会社に連絡。 相手側に7日に怪我はないか?と尋ねると、怪我は無いとの事。 その後、保険会社としては、3対7で、娘が3だと主張。 相手は、停まっていたから、10対0だと主張。 しかし、保険会社の対応、娘の対応が気に食わないから、人身事故にすると言ってきました。3月2日に警察から出頭するよう言われました。 とても怪我をするような事故だとは思えないし、診断書を書いた医者もどうかしてると思っております。 こんな簡単に事故の扱いを変えられるものなのでしょうか?

自転車による横断歩道上での当たり屋に相当する当方への被害

○過失責任を問う 当方の車両が上り一方通行に入る前に一時停止の標識に従い一旦停止後、2車線幅のその道路を横切って横断し、一方通行 に沿った歩行者通路の延長線上の横断歩道を通過しようとしました。当車は右横から猛スピードで走行してきた自転車に ナンバープレート部分に衝突させられました。右横の運転者の視野の範囲外から当てられたと認識しています。当車は一方 通行の車両の通過がないことを確認しスロースピードで横断歩道に到達しています。相手は横断歩道上で左半身の打撲で 骨折や流血はありません。当車の被害は、自転車からのナンバープレートの損傷のみで人身の接触被害はありません。当初 警察は物件事故といっていましたが保険会社の交渉失敗で診断書を出され、相手方から人身事故扱いに変えられました。 被害者なのに加害者扱いされています。相手の自転車の法令違反や罰則はありますか。一時停止義務違反等とか?過失責任 は? ○物損の損害賠償 自転車の相手方は個人賠償保険に入っているということですが、当方の車両の物損(ナンバープレート)の補償は相手方 の負担を気遣ってしていませんが相手方が強硬に出てきたので思案中です。当方は走行に支障のない程度に応急処置しま した。ナンバープレート左のボルト固定分は損傷して浮いた状態でした。右ボルトの固定部分は損傷はなく付いていま した。先週に販売店で修復の見積書を作成してもらいました。フロントグリル付近の交換とナンバープレートの再発行で 約4万円強でした。相手方がすでに警察に提出済の診断書の提出を却下してくれれば、民事で治まると聞いています。民事 になれば、当方も譲って相手方への当方の物損の補償請求はしない予定です。当方の保険による相手方への支払いは保険 会社から支払い済。相手方の物損の支払いは当方担当の保険会社会社にて精査中(自転車物損写真添付なし)。 ○相手方ではなく当方こそが被害者と主張 目撃者はいたか?最初の立合いの警察官から「自転車の後から見ていた人が一人いる」と聞けた。 本日Webから知り得た地元検察庁の被害者ホットラインで無料相談を受けた。当方が加害者扱いされて不当だと主張して 経緯を説明。相手方が加害者で当方は被害者と立場の入替えを主張した。すると担当者から当方の事件直接担当の方に 会わせて下さったので、同じ主張を繰返した。調査中で内容は言えないとのことであった。意外な展開でした。 ○当方の不満事項 以下、当方の不満と考える事項を上げます。 1.事故当日の警察官2名の立ち合いで物件事故と判定されたにも拘わらず、当方がその事実の確認を相手方に実施したか と当方の保険会社に何度もメッセージ・ボードで伝えたが確認のメッセージが見当たらない。その後、妻の加害者意識に 洗脳されPTSDに相応する状況を回避させるため示談から当方の保険適用を変更すると伝えたこれで万事解決と思っていた。 しかし、相手方は弁護士窓口への変更し診断書の提出までしてきた。急に警察の2回目立ち合いや弁護士介入の手紙を受け 取った。ここの経過事実は当方保険会社に何度も状況確認を問い合わせているが全く当方に伝わっていない。 2.怪我(打撲のみ)診断書のみで加害者の判定に適合させること及び起訴の可能性とそれに伴う交通違反の加点及び免許 停止の可能性。 3.被害者なのに当方保険の等級の3段階ダウン。3年で67100円の出費増(1年毎の保険の継続更改が10月15日と 事故発生日9月11日から迫っていたが保険会社の当方の言い分に対する対応が10月1日から10月26日まで無回答 状態だった) 4.保険会社側で設定した過失割合が被害者対加害者が9対1と通知されたこと。(当方は逆に1対9と主張中で検察庁へ 相談した) 5.事故が未解決なのに相手方に治療費を満額?払っていること。相手方の物損補償も請求があり、精査中とのこと。 6.当方の物損(ナンバープレート損傷40177円)を当方保険会社を通じて相手方弁護士に賠償請求中だがまだ回答が なく、安全運転上支障があるのに修理が遅れそう。 ○保険会社の保険更改時の増額料金取消しの要求 当方の保険についての3等級ダウンについても下記の記述に当てはまらないと思うので取り消しを当方保険担当者に願い出た。 3等級ダウン事故とは(保険会社のWebページより) 他人を死傷させた 他人のものを壊した 自分の車を壊した いずれも当方の過失でなく、相手方の一方的な怪我や損傷にとどまっています。 当方の自責過失ではなく、相手方の自責過失、すなわち他責です。 まだ相手方との示談が成立していないのに、かつ過失責任割合の通知もないのに相手方に自己過失の怪我に対して治療費の 支払いを10月中旬に保険会社から退陣賠償保険金6万円弱を支払ったのはおかしい。会話のなかったほぼ10月一杯の間 にこの辺の会話が欲しかった。10月下旬にやっと過失責任は当方90で相手10と言ってきた。冗談でないもらい事故 なのに10対90だと反論した。保険会社の認識が当方とずれがあると感じたのはこの日で「過失責任の割合に関する弊社 の見解としては、当方側に一時停止の規制がある十字路交差点であることをふまえると、当方:相手方=90:10程度と考え られます。」の一文です。当方の事故の内容記述では「横断歩道上で右側から走行してきた自転車と衝突した。」と書 いた。 当方の保険会社担当者と当方の間にかなりの認識の違いが推定され、事故現場の横断歩道写真とナンバープレートの破損 状況写真や事故発生までに通った当方車両の走行した道路周辺写真および運転席から2度目の一時停止した場所での横断 歩道とそれに沿った自転車の走行路(歩道)の右側の視野範囲の検証写真や自転車の走行スピードを推測するために横断 歩道から5m、10m、15m距離を置いた写真を付けた。ナンバープレートの破損状況写真でスピードの鑑定がある程度 可能と思う。当方のナンバープレートの破損状況はプレートが縦に90度折れ曲がってプレートを支えている2本のボルト のうち右側から当てられたボルトは固定部分完全破損で浮いた状態、左側のボルトはかろうじて固定されているが固定部分 の割れは推測される。応急処置して外見上は修復したように取り繕った。 当方保険担当者からは10月下旬に「現場写真の送付有難うございます。状況をより鮮明に認識することができました。」 とのことだが当方の主張がどの程度充足されるかわからない。 ○参考にした自転車関連の過失割合 事故による保険会社による当方への主に過失責任に対しての負担増等に関しては一般的に 他人を死傷させた 他人のものを壊した 自分の車を壊した の3点が列挙されていますが相手方様の過失および信号機のない横断歩道手前の一時停止注意義務違反の自責事故でいずれ も該当しないと主張しています。 当方の車両には相手方の人身による破損は一切ありません(当車両の積極的な前進による人的損傷は見当たりません)。 むしろ、急ブレーキによって衝突時の車両スピードはほぼ0kmに等しく右方向から前に立ち憚った自転車上の相手方様の 人身による直接衝突した形跡は残っていません。相手方様は自責で横断歩道上に左半身を叩きつけられたはずです。当方の 車両の損傷は自転車のみの衝突による破損です(右横から突進してきた相手方様の自転車による受動的なナンバープレート への損傷のみでかつ衝突時は瞬間的にブレーキが効いて相手方様を死傷させる事実はありません)。相手方様の自己責任に よる衝突回避が失敗しただけです。相手方様の自転車の損傷はこの結果によるものです。当方が物損の責任を負う責務は ありません。相手方の怪我も自己責任の範囲で当方の車両によるものではありません(自身の責任で横断歩道上にぶつ かって下手な怪我を負ってしまったのみです)。当方の車の運転の回避で相手方様の人身の死傷まで防ぎました。 以下は当方が調べた類似事故の参考過失割合で歩行者を自動車に置き換えてみた場合です。 自転車は横断歩道の手前で一時停止あるいは徐行の義務があるはずです。 信号機のない横断歩道 横断歩道内で自転車と歩行者が接触 過失割合 自転車100歩行者0 出典:自転車事故の過失割合|過失割合の算出方法と損害賠償の手順https://jico-pro.com/columns/123/#toc_anchor-1-1-1 是非、相手方自転車が加害者で当方車両が被害者である旨理解していただきたい。

車対車事故の過失割合に納得できない、全損修理の結果に不満なので、相談したいです。

令和4年3月27日に青森市内の交差点でわき道(十字路の左側)からノーストップ、ノーブレーキ、ハイスピードで後部バンパーのあたりに追突されました、自車は左前輪を軸に左回転して、木製の塀を突き破り、中庭で停止しました。当方は、任意保険に入っていません、毎日車で営業してます、自営業です、ので毎日運転は慎重にしてます、・・が今回追突されて、相手の方にも、「私が全部悪い、と認めていただいたので、安心してましたが、相手の保険屋さんが、どうゆう事態でも、車対車の事故は最高で「9対1」ですと言われ、納得しないのでそのままにして、とりあえず、修理は、デイーラーに頼んで、台車を出して頂き、翌日から、「頸椎捻挫」で通院と営業をしましたが、6月になっても、修理が始まらないので、連絡をしたところ、過失割合が決まらないと、着手できないと、言われ、早く自車を直して頂かないと、仕事にならないので、渋々、口頭で交渉して9.5対0.5までにして頂き、その際、自車の修理代に0.5%分の支払う約束と前金を支払い、修理に漕ぎつけました、・・が、自車の修理完了に大きな不満が残りましたが、台車(レンタカー)の返却も迫られ、自車の不満(その際クレームを付けたが話にならず)も沢山ありましたが、自車でなければ、出来ない仕事もあり、乗って帰宅しました。質問1-10対0には絶対にならないのか、質問2、相手の車の修理代と塀の修理代の0.5%約10数万円も支払いをしなければ、ならないのか質問3、頸椎捻挫で首が左右に深く回すと痛みが出るが5か月目に入り、医者から、「現状固定だね、後は保険屋さんと話してください」と言われました。、毎日運転してますが、左右確認の動作をするたびに、痛みが走るのに、通院リハビリしていたら、悪者(保険屋さんの担当者から自賠責の予算が目いっぱいなのでそろそろ示談をと言ってきたので、相手は任意保険枠もあるの)みたいに思われてる雰囲気が嫌ですが、納得できるまで通院してよいものかどうか?質問4、車や通院や支払金等の悩みで、仕事が手につかず、今だ今年は契約が1件も取れてない状況ですが、毎月20万円ぐらいは収入があったのに、今年はまだ収入0円です、兄弟からの借金暮らしで、参ってます。

一時停止したのに一方的に切符きられました。違反金払ってません。相談にのって頂けませんか?宜しくお願いします

7月10日に埼玉県さいたま市西区西大宮駅前の一時停止車線を停止なしで通過したとお巡りさんに切符きられました。一時停止して通過しましたと何度も言いましたがお巡りさんは運転手さんは停まろうとゆっくり運転してましたが、、、。と何度も言いこちらの主張聞いてくれず。違反金は納得してないので払ってません。相談に乗ってくれる人がいなく門をたたきました。次の対応策かわかりません。相談に乗って頂けませんでしょうか。宜しくお願いします。お金かかってでも主張勝ち取りたいです

自転車で飛び出した時、自動車と接触せず、ケガもなく、自動車側が行ってしまった場合は、自転車側は罪になるのですか?

私の不注意なのですが、自転車で飛び出してしまい、相手側の自動車には接触せず、相手側も私もケガはなく、相手側の自動車はそのまま去って行ってしまいました。この場合は罪になるのでしょうか?

自転車で飛び出した時、自動車と接触せず、ケガもなく、自動車側が行ってしまった場合は、自転車側は罪になるのですか?

自分の不注意なのですが、自転車で飛び出してしまい、その際、自動車と接触せず、相手側も私もケガはありませんでした。相手の自動車がそのまま去って行ってしまったのですが、この場合は罪になるのですか?

危険運転致傷の初犯ではない場合の起訴率について

42歳男性、交通事故加害者です。 私がバイクで赤信号無視して歩行者と接触してしまいました。まだ実況見分しかしていませんが、危険運転致傷(赤信号無視が意図的と判断される)と罪名が記載されています。 現場では私は被害者救済、警察、保険会社の連絡、など行ない、被害の方は全治2週間の診断書がでています。逮捕はされておらず、実況見分に協力し、後日供述調書と言う段階です。謝罪の連絡をして、被害者の方もよい方で、大丈夫ですからと言って下さっています。日が経っていないので、まだ示談は成立していませんが、現段階では処罰感情もなさそうです。 危険運転致傷はかなり起訴率が高いとの事。 20年程前に自転車窃盗の微罪と2年前の赤信号無視(補助信号の見落とし)などがあります。 前歴があることで初犯とはならないようですが、 このようなケースの場合、起訴されるケースはかなり高くなるでしょうか。 ご回答の程、よろしくお願い致します。
お住まいの地域を選択してください
関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
茨城
群馬
栃木
関西
大阪
兵庫
京都
滋賀
奈良
和歌山
東海
愛知
岐阜
静岡
三重
北海道・東北
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
北陸・甲信越
山梨
新潟
長野
富山
石川
福井
中国・四国
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
交通事故弁護士に相談する
  • 東京
  • 大阪
  • 愛知
  • 神奈川
  • 福岡
  • その他
弁護士法人アクロピース
東京都北区赤羽西1-35-8レッドウイングビル4階(受付7階)
【無料診断可】ケガを負ってしまった方は、お気軽にご相談下さい
弁護士法人せせらぎ法律事務所東京立川支所(弁護士 山下南望)
東京都柴崎町2-3-20門倉ビル1階
●立川駅徒歩5分●着手金0円●初回面談0円●外出なしで依頼可能●交通事故解決実績多数!適切な後遺障害の獲得を目指しサポート!ご依頼後も面談・お電話などによる細やかな対応を心がけております。
町田神永法律事務所
東京都森野1-35-7町田北口ビル3階C室
【着手金0円】解決実績300件超のノウハウで親身にサポート!
アウル東京法律事務所
東京都代々木2-11-20新宿成和ビル6階
【初期費用0円や着手金返金あり】不倫慰謝料の実績豊富!●請求された側も可●社内不倫・出会い系など
東京都の弁護士一覧はこちら
地域から弁護士を探す
法律相談を投稿する
離婚・不倫問題 交通事故 相続・遺産トラブル 労働問題 刑事事件 債権回収 借金減額・債務整理 ネット誹謗中傷 企業法務