日本全国の弁護士・法律事務所検索サイト

無料会員登録

遺留分請求をしたいのですが、できるがどうか知りたい

R3年8月末に養子縁組している母が亡くなりました。R3年3月11日付の遺言公正証書があり第3者にすべてが譲られる内容でした。その遺言状とは別にH28年6月13日付の手書き遺言状が2通あり、市に不動産を進呈する、という1通と名指しで私(相続人)には一切相続させないという内容のものが1通ありました。
遺言公正証書にある第3者の方に遺留分侵害請求をしたいのですが、この場合、私(相続人)は遺留分請求も出来なくなるのでしょうか?
相談者(ID:00166)さん

弁護士の回答一覧

回答日:2021年11月08日

健午法律事務所

Balloon lawyers answer
相続人に一切相続させない内容で、全財産を第三者に譲るという遺言があっても、
遺留分は最低限のものとして確保されるため、
その第三者の方へ、遺留分侵害額請求をして、
侵害額に相当する金銭の支払を請求することができるでしょう。

被相続人の子の場合、法定相続分の2分の1が遺留分です。
相続人に一切相続させない内容で、全財産を第三者に譲るという遺言があっても、
遺留分は最低限のものとして確保されるため、
その第三者の方へ、遺留分侵害額請求をして、
侵害額に相当する金銭の支払を請求することができるでしょう。

被相続人の子の場合、法定相続分の2分の1が遺留分です。
役に立った
1
回答した事務所の紹介
健午法律事務所
東京都豊島区東池袋1-17-11パークハイツ池袋1105
来所不要
電話相談可能
初回の面談相談無料
休日の相談可能
相続発生前の相談可
相続税の相談対応
事業承継の相談対応
オンライン面談可能
弁護士に質問をしたい方はコチラ
【無料】質問を投稿する

相続問題に関するその他の質問を見る

フリーワードで探す

この質問に関連する法律相談

投稿順
回答順
役立った順
関連順

公正証書の遺言書に記載されていない不動産があるのですこの遺言書の有効性はありますか?

夫の父が昨年8月亡くなりました。義父は生前夫のマンション購入時に資金援助してくれましたが、そのことを生前贈与と思い込んでいました。実際には、夫と私の共同名義だった契約書の夫名義を義父名義に書き直しさせて、援助金額分の持ち主として名義人となつたわけです。生前贈与でないので、そのうち贈与契約をと私達は考えていましたが、義父はそれが理解できず何か自分の不利にさせられるのではないかとの疑ぐりから、閉鎖的攻撃的な態度をとり、次第に交流も少なくなりました。高齢となった義父については、夫の姉が介護役をイヤイヤ引き受け月に何度か様子見していましたが、ほとんどは介護保険サービスでまかないました。この親子は共通の敵として私達夫婦をあげつらうことで一致していたようです。 相続問題が発生してから、義姉はダンマリを決め込んでいます。夫はマンション名義の変更のため相続会議したいので困っています。ちょうど一年前近所で見つけた相続専門弁護士に相談して円滑な相続を取り持ってもらおうと契約しました。おかげ様でようやく冒頭の遺言書のあることがわかり、コピーをいただきましたが、驚くべき誹謗中傷のことばが夫と私に向けて投げつけられており、預金全て義姉に相続と指定されていました。 ①このような憎悪と偏見に満ち、また不動産所有名義にふれないで、しかも慰留分侵害する内容の遺言書は有効でしょうか? ②依頼しております弁護士先生はきちんとポイントを押さえて活動されていると思います。ただ先生からは連絡が乏しくて進捗状況などわからないことが多いです。こちらから問合せして始めて状況がわかるという形なのは普通なんでしょうか? 以上2点をお尋ねします。よろしくお願いします。

遺留分請求をしたいのですが、できるがどうか知りたい

R3年8月末に養子縁組している母が亡くなりました。R3年3月11日付の遺言公正証書があり第3者にすべてが譲られる内容でした。その遺言状とは別にH28年6月13日付の手書き遺言状が2通あり、市に不動産を進呈する、という1通と名指しで私(相続人)には一切相続させないという内容のものが1通ありました。 遺言公正証書にある第3者の方に遺留分侵害請求をしたいのですが、この場合、私(相続人)は遺留分請求も出来なくなるのでしょうか?

遺留分請求をしたいのですが、できるがどうか知りたい

R3年8月末に養子縁組している母が亡くなりました。R3年3月11日付の遺言公正証書があり第3者にすべてが譲られる内容でした。その遺言状とは別にH28年6月13日付の手書き遺言状が2通あり、市に不動産を進呈する、という1通と名指しで私(相続人)には一切相続させないという内容のものが1通ありました。 遺言公正証書にある第3者の方に遺留分侵害請求をしたいのですが、この場合、私(相続人)は遺留分請求も出来なくなるのでしょうか?

遺留分請求をしたいのですが、できるがどうか知りたい

R3年8月末に養子縁組している母が亡くなりました。R3年3月11日付の遺言公正証書があり第3者にすべてが譲られる内容でした。その遺言状とは別にH28年6月13日付の手書き遺言状が2通あり、市に不動産を進呈する、という1通と名指しで私(相続人)には一切相続させないという内容のものが1通ありました。 遺言公正証書にある第3者の方に遺留分侵害請求をしたいのですが、この場合、私(相続人)は遺留分請求も出来なくなるのでしょうか?

遺留分請求をしたいのですが、できるがどうか知りたい

R3年8月末に養子縁組している母が亡くなりました。R3年3月11日付の遺言公正証書があり第3者にすべてが譲られる内容でした。その遺言状とは別にH28年6月13日付の手書き遺言状が2通あり、市に不動産を進呈する、という1通と名指しで私(相続人)には一切相続させないという内容のものが1通ありました。 遺言公正証書にある第3者の方に遺留分侵害請求をしたいのですが、この場合、私(相続人)は遺留分請求も出来なくなるのでしょうか?

公正証書の遺言書に記載されていない不動産があるのですこの遺言書の有効性はありますか?

夫の父が昨年8月亡くなりました。義父は生前夫のマンション購入時に資金援助してくれましたが、そのことを生前贈与と思い込んでいました。実際には、夫と私の共同名義だった契約書の夫名義を義父名義に書き直しさせて、援助金額分の持ち主として名義人となつたわけです。生前贈与でないので、そのうち贈与契約をと私達は考えていましたが、義父はそれが理解できず何か自分の不利にさせられるのではないかとの疑ぐりから、閉鎖的攻撃的な態度をとり、次第に交流も少なくなりました。高齢となった義父については、夫の姉が介護役をイヤイヤ引き受け月に何度か様子見していましたが、ほとんどは介護保険サービスでまかないました。この親子は共通の敵として私達夫婦をあげつらうことで一致していたようです。 相続問題が発生してから、義姉はダンマリを決め込んでいます。夫はマンション名義の変更のため相続会議したいので困っています。ちょうど一年前近所で見つけた相続専門弁護士に相談して円滑な相続を取り持ってもらおうと契約しました。おかげ様でようやく冒頭の遺言書のあることがわかり、コピーをいただきましたが、驚くべき誹謗中傷のことばが夫と私に向けて投げつけられており、預金全て義姉に相続と指定されていました。 ①このような憎悪と偏見に満ち、また不動産所有名義にふれないで、しかも慰留分侵害する内容の遺言書は有効でしょうか? ②依頼しております弁護士先生はきちんとポイントを押さえて活動されていると思います。ただ先生からは連絡が乏しくて進捗状況などわからないことが多いです。こちらから問合せして始めて状況がわかるという形なのは普通なんでしょうか? 以上2点をお尋ねします。よろしくお願いします。
地域から弁護士を探す
法律相談を投稿する
離婚・不倫問題 交通事故 相続・遺産トラブル 労働問題 刑事事件 債権回収 借金減額・債務整理 インターネット問題 企業法務